FC2ブログ

7月下旬になったけど(FAM)

2011.07.20.Wed
仕事発注の切れ目がなさ過ぎて、いまだに製作に時間割けません><
スポンサーサイト



生存報告だけ(FAM)

2011.04.29.Fri
もともと毎年仕事が忙しい時期でしたが、今年からはさらに量が増えたりとかいろいろあって・・・
まあ、ようするに全然作業するヒマないっす。

6月下旬まではずっとそんな状態っぽい。

どの方法をとってもなにか足りない(FAM)

2011.03.09.Wed
突然多忙になって作業できなくなった時になにをやっていたか確認するのにブログは便利だわ。
面倒でも進捗具合わからなくなるよりましだから、ちゃんと書くべきなのかしら。
というわけでごぶさたしてました。
来週までに作れればいいんだけど、無理だろうな。



透過png云々ですが、昨日改めて調べなおして、arc.nsaや旧OSのこと考えなければもう少し楽できたのにな~とか。

一般的なソフトで透過部分だけ取り出す→arc.nsa内の画像に対処できない
某所のとても便利なNスク用のdllでアルファブレンドで画像を読み込んだレイヤーを保存→旧OSで使うとエラー出る
dllを自分で作る→無謀

つーことで、中断前にやろうとしていた方法(該当画像読み込んで、白背景と黒背景でsavescreenshotしてそれらからマスク作成)に戻りました。
時間あるうちにやっちまおう。



dllを自分で作ることについてはVisual C++ 2005をダウンロードし、講座をある程度読んだとこまでいってあきらめました。
1日2日でできそうなわけでもなく、他に使うあてがあるわけでもないのに今さら新しい言語を覚えてどうするんだ、と気付いただけですが。
プログラム関係の作業をするたびに大学でCとかの授業を受けておくべきだったと後悔するですよ。

透過pngのこと後回しにして正解だった(FAM)

2011.02.10.Thu
なでしこで透過png対応してないというだけで処理がえらい面倒なことに。
プレビューで透過png使う場合もNSA使うときみたいに前処理する必要があります。
savescreenshotあたりの命令使うので、できれば見えないところでこっそりファイル作成処理したいのですが、まあNスクの二重起動ができないので、それは気にしない方向で。

方法は確立したのであとは組み込むだけ。・・・それが一番大変なんだが。
半透明部分の描画方法がそもそもあれなので、厳密には同じ画像にはならないけど、プレビューということを差し引いてもまあ誤差の範囲。そもそも普通のアルファチャンネル使ったプレビューも似たもんだし。

来週まで作業できないので覚え書き(FAM)

2011.02.03.Thu
そーいえばプレビューで透過png使えるようにしてなかったなあ、と作業できないときに限って思いつく。
そんなに手間かからんだろうから今やってしまってもいいだろうけど、時間かかったら仕事に響くのでメモだけしておいて放置。
あとどれだけ必要な機能忘れているかなあ・・・。