fc2ブログ

今日のひとりごと:いざ書くとなると引っかかるいろんな表現

2007.02.22.Thu
いわゆる擬音というのは自分が読む立場で相対した時なんかは軽く読み飛ばしていたものなんですが、実際に自分が文字に起こそうとする時、なかなかうまくいかないことがよくあります。読んで音にすると間違ってはいないのに、それを視覚情報として受けとると違和感を感じるというか。
効果音などと併せて表現することで多少誤魔化す(というと聞こえが悪いけど)こともできなくもないだろうけど、やっぱりどうせゲームのシナリオを書くのなら「文章だけでも十分意味が読み取れるが、他の効果(音、映像等)と併せることでより良い物になる」という物を書けるようにしたいしねえ。今はまだ無理でも、せめて目標だけでも。


擬音以外にも「普段軽く読み飛ばしていたのに……」というものはあります。強い感情表現をしているところとかね。例えば『泣きながらも必死に喋ろうとしている様』とかなんかがそうです。
嗚咽交じりに言葉を紡ぐ様子を想像し、いざそれを書こうとしてはた、と止まる。頭ではどんな風に話すか想像できているのに、それを文字にするとなんかわざとらしくて浮いた物に見える。
もちろんその文の前後で泣いていることはわかるだろうから、読者はそんな文章でも「ああ、泣きながら喋っているんだな」と思いながら普通に読み飛ばす可能性も高いです。
だけど、他の人の文章を見るともっと真に迫った書き方をしているわけで。
そして、もっと上手く書けれるのなら、どうやったらそうできるのか知りたくなるわけで。
おかげで最近は他の人の文章を読むのが遅くなりました。遅くなったというか参考になる部分を何度も読むようになって時間がかかるようになったという方が正しいか。以前より読書量を増やしたいのに、逆に減ってしまっているので困っているんですけどね。
スポンサーサイト



ついに2月18日になってしまいました…

2007.02.18.Sun
「友から」の公開延期の告知は結構前からしてたのですが、やはり実際に当日になってみると、なんつーかアレですなあ。
前々から予告していた期日を守れなかった罪悪感に駆られてしまったり。
わざわざ掲示板に体験版の感想を書いてくださった方までおられたというのに本当に申し訳無いです。

とりあえず、今の所はっきりした予定日などは決まっていませんが、投げるつもりもありませんので、気長に待っていただけるとありがたいです。

今日のひとりごと:説得力

2007.02.15.Thu
元々文を書いたり話を作ったりなどといったことをしない人間だったのに何の因果かゲームのシナリオなんぞ書くことになってしまったのですが、その前後で他の『作品』の見方がだいぶ変わりました(作品というのはゲームだけじゃなくて、物語を伝える小説、映画、漫画等々を含む)。
ただ見て「ふ~ん」で終わらせるんじゃなくて、自分が書く時の足しにするために、なんでこんな風に書くのか、こんな風に書くと読み手はどの様に感じるのか、などといったことを意識するようになったり。
そんなことをやったり、実際に自分で文章を書いたりしていくうちにつくづく思うようになったのは「説得力は重要だ」ということと、「説得力を持たせるのは大変だ」ということ。


例えば出てくるキャラクターを魅力的だと思ってもらえるように。
例えば語られる事象がスムーズに受け入れることができるように。
例えば主人公や登場人物の行動に読み手が深く共感できるように。
作り手は文章、映像、音楽等を効果的に使い、読み手に自分が伝えたいものを伝えるわけですが、この「伝える」という部分が上手くできないと、頭の中でどんなストーリーを作ったとしても、まるで意味がないわけで。
自分なんかはこれができないせいで自分のシナリオを読み返す時はいつも稚拙な文章力に悶えるだけでなく、頭の中で考えているものを文章で書き表せないもどかしさに苦しめられたりします。
自分の文章を読み返しても、なんでこのキャラクターがこんな行動を取るのかが文章だけでは把握しにくかったりするときなんかは、切実に説得力がある文章を書けるようになりたくなります。書きたい物がわかってて脳内補完できる自分でさえ把握しにくいものを他人に読ませて把握しろっていうのも無茶な話だしねえ。
まあ、これに関してはいいものをたくさん読んで、自分でもたくさん書いて上手くなっていくしかないんですけど。


そんな感じで最低限の文章力がないために現時点では説得力がある文章が書けていないわけですが、それができるようになったとしてもまだまだ精進する必要があるわけで。

仮に「様々な専門知識に通じていて仕事に関しては有能だが、外見などから未成年に見られるのがコンプレックスになっている」というキャラを作るとします。
『コンプレックス』の部分は実際にそのように感じてしまうだろうなあと思わせるエピソード(よく補導される等)なんかを用意すればいいかもしれない。これは大して手間はかからないと思うけど、『有能』という部分に説得力を持たせるためにはちょっと面倒になるのですよ。
「様々な専門知識に通じ」ていることを示すために実際にそれらの知識を活用する場面を描写することが必要になってくるだろうけど、そのために書く人間自身もそれらの知識を踏まえていなきゃいけないわけだから。
調べものをしてある程度補完できる知識より、経験に裏打ちされる部分の描写なんかが必要になる時はもっと大変かもしれない。「いつでも相談に乗ってくれる頼りがいのある兄貴分」とかいうキャラを作る場合だと、そーいう人物が答えそうな「経験に基づいたアドバイス」を書けないと血肉の通った「読み手が頼りがいのある兄貴分だなあ」と思えるようなキャラにはなりにくいだろうし。


結局、説得力のあるものを書くためには経験も知識もいくらでも必要になってくるんだよなあ。
今の自分にそれらが足りているとは到底思えないので、まだまだ勉強しなきゃいけないわけで。
まあ、どんなことでも「自分の好きなこと(執筆作業)の足しになるかも」とポジティブに捉えることができるようになるのはありがたいことですけどね。

今日のひとりごと

2007.02.15.Thu
しばらくシナリオの作業をすることもないのでここに書くこともなく、このままだと放置してしまいそうなので、週一ぐらいのペースで自分が文章書くようになって思うようになったことなんかを書いていこうと思います。
文章を書き出して1年も経ってない人間が書くこの手の話なんて読んで意味があるのか、だの、1人語りなら自分のサイトでも作って書け、だの、言いたいこともあるでしょうが、生存確認の一種とでも思っていてください。
……こーいうことを書くということは、(自分の担当分の)実際のゲーム制作の作業が進んでいないということでもあったりするんですが、シナリオ執筆できない間でもなんらかの形で文章を書きつづけなきゃ、と思っているので多目に見て。



ここまで書いておいて椅子寝発動。ついでにいい加減長くなってしまったので続きは明日で。
それはそうとびっぐべんさん、スクリプトまだ~?

ムービー制作(びっぐべん)

2007.02.09.Fri
「友から」の締め切りが延期になったこともあって、ムービーを作ってみることにしました。
冬にコミケで配った体験版にはムービーがいくつか入ってるのですが、自分が作ったものじゃないんですよね。



ぶっちゃけ自分は動画に関しては全く素人なので、まずソフトを探すことからはじめることに。
そこで、どうせならと以前から気になっていたFLASHを使おうと思ったんですが、Nスクってswfファイルは認識しないみたいです。
ですがこちらのサイトによると、avi形式で保存すればNスクも認識してくれるようなので、FLASHで作ることに決定。
実際にFLASHを制作するためのソフトですが、マクロメディアのソフトは有料なのでフリーのFLASH制作ソフトであるParaFlaにしました。



これからいろいろいじってみようと思います。

模様替え(びっぐべん)

2007.02.08.Thu
マイナーチェンジしてみました。
前のだと本文の欄が細長くて、長文なんかだと見づらかったので。
スパムコメント防止のため英数字のみの記事は書き込めないようにしました。


追記
コメント欄は使えないようにしました。
色々変更すみません。

はじめまして(びっぐべん)

2007.02.07.Wed
はじめまして。スクリプトとかその他諸々担当のびっぐべんです。
うろんさんFAMさんすみません。なんか家の掃除してたら書き込むの忘れてました(爆

えっと、FAMさんも下で書いてますが、現状「友から」の制作は停滞しています。
で、そしたらここに何を書くのかとうろんさんに聞いたところ

                「君に任せた」

ということなので、このブログの内容は多分に内輪向けのネタやら雑談が主になると思います。
一応真面目なことも書き込むつもりではありますが。

私はブログは初めてなので色々至らないこともあるかもしれませんが、ひとつよろしくお願いします。

追記
記事を一部修正しました。

自己紹介っぽいもの(FAM)

2007.02.05.Mon
え~っと、「親友からはじめましょう」略して「友から」のシナリオっぽいものを書いているFAMです。
制作延期になってしまいすみませんでした。
シナリオの方は全体の約半分くらいまで進んでいるんで遅らせる必要もなかったのですが、まあ、色々あって話し合って制作延期ということになりました。
自分も構成とか考え直しとかする時間欲しかったし、ぶっちゃけ延期してもらえてありがたい部分もあったり。

しばらく仕事が忙しくてまともにシナリオ書く時間がないので(それを見越して書きためていた)ちゃんとした制作日記を書けるのはいつの日になるんだろう? という疑問もあるのですが、まあ、ぼちぼちネタバレしない程度に書く事ができたらつらつらと書いていきたいと思います。


今までまともに文章を書いた事がなく、「友から」のシナリオが初めての作品で、皆様には見苦しいものを見せる結果になるかもしれませんが、精一杯がんばりますんでよろしくお願いします。

挨拶 (うろん)

2007.02.05.Mon
制作ブログ作りました!

ホームページをまったく更新していないので、活動してるのかしてないのかがわからないということで、作っちゃいました。

ゲーム制作日誌とは銘打ってありますが、基本なんでもありな感じで書いていこうと思います。

よろしくお願いします!