fc2ブログ

わたしは今、なにをやっているんだろう・・・(FAM)

2008.07.28.Mon
元々はですね、「音声チャットで連絡し合えれば電話代かからなくてすむね~」とらいかんすろうぷさんと話していたことから始まるのです。
音声チャット自体は昔できてたのですが、(おそらく)新しいマザーボードに変えたあたりからできなくなったのです(正しくは、自分のパソにマイク端子さしても反応しなくなった)。

で、先日、マザボ自体にサウンドカードついてたかも? そっちでマイク使えたらいいな~と思い立ち、マザボのホームページに行ってサウンドのドライバとチップセットをダウンロードしたのが運のつきなんです。


チップセットをインストールしようとするが、どうにもインストールできない

それどころかWINDOWSの終了の画面で固まるようになった

仕事が入ってたので、何日間かだましだまし使う

掲示板にて症状を説明し、解決策を探るも解決できず

予備用のハードディスクを人身御供にし、試行錯誤した結果、レジストリの復元で元の状態に戻せるっぽいことがわかる

何日間かだましだまし使っていたせいで、メインのハードディスクのレジストリのバックアップに正常時のものが残っていないことに気付き、愕然とする

覚悟を決め、バックアップをとってOS再インストールしようとする

いろいろ手間取ったあげく、インストールを始めるが、いつも途中で止まる

使っていた98のディスクの劣化かと思い、XPをインストールしようと再起動する

なぜか98のインストールが再開され、無事98のインストール完了

チップセットはできるだけまっさらな状態で入れたほうがいいとどっかに書いてあったので、試してみたけど、やっぱりエラーが出る

念の為、もう一回フォーマットして98再インストール←今ここ


読んでいてもわけわかんないかもしれませんが、書いている本人もよくわかりません。
なんで、マイク使えるようにがんばっていたはずがOS再インストールなんでしょ?
この一週間、万事がこの調子なので、当然執筆は進んでいません。ぎゃー。



下のラフ画は本当に初期のものですなあ。
なんかこー、元絵を知らないとなんなのかよくわかんないくらい。
英子と美子のはそもそも枚数少ないんでどうしようもないですが。

そのうち、紆余曲折あって今の形になった千歳や和美とか、イメージが難しいと悩んでいた蓮さんとか、差分表情が怖いだの変態だの制作スタッフにさんざんないわれようだった春人とかも控えておりますので、ご期待ください!
スポンサーサイト



更に延期で申し訳ない(うろん

2008.07.28.Mon
うろんです。

今回また延期のお知らせをすることとなりました。

四月に苦渋の決断をし、
そして二度とこういうことのないようにと思ってましたが、はやこういうこととなりました。

恐らくこれが最後の延期となると思います。
もし次、延期することがあれば、、、、週間連載自体はやめざるを得ないでしょうね。

配布するのは17です。17です。自分にも暗示をかけます(苦笑

あともう一つお話が、
HPの方に次の出るまでになんかするよーといっておきながら、
全然してなくて、ほんとすみません。

CAT'sCounter ATtack! -ねこのぎゃくしゅう- ! を『フリーソフト』化しようかと考えてましたが、
結局用意できずじまいで。。。

この作品自体はゆにたりが初めてコミケに参加したときに出したものですが、
当時は100円で売ってましたので、
これすなわちフリーソフトにしたら、あの時100円だした方はーって思っちゃいます。

うむむむむ、、、悩みます。

これで出していいよーもしくは出してーっていうお言葉があれば楽になるのですが(苦笑

とはいえ出すとしても当時のまま出すのではなく、いじれる部分はいじってリメイクとして出したいなぁと思ってます。だから若干修正もかけます。

このねこぎゃくについて意見・質問等がございましたら、気軽に連絡をくれると嬉しいです。

こちらまでメール下さい→  uron802猫逆hotmail.co.jp
猫逆の部分は@に直して下さいね。



↓の画像はゲーム内の立ち絵で使われているラフです。
a.jpg

こういった風にこちらで不定期ですが、
ゲーム内で使用している画像のラフなどを公開していきたいと思います。

今回は美子が英子のクビをしめているところを私の首もしまってるとかけまして、
この画像を選びましたw

再放送で確認する自分の好みの形成過程(FAM)

2008.07.20.Sun
6月までは集中力の維持よりも(仕事の)やる気の維持の方が重要だったため、自分が起きている時にはテレビか音楽かが常に流されていました。
今では作業の効率を考え、テレビも音楽も必要最低限の無音状態で集中力を高めて作業に臨む事が多いです。
まー、集中力が高まってくると音楽なんて気にならなくなるんで、まだまだ集中力がコントロールできてないってことなんでしょうが。
・・・昔はもっと簡単に集中できたんだけどなあ。


まあ、それはおいといて。
見るテレビ番組を減らした結果、いつ使えるかもわからないような無駄知識を大量に補給できるヒストリーチャンネルは見なくなりました。
知識系の番組なので面白いことは面白いのですが、それが仇となって作業が中断されることも少なくなく、かつ友からの足しになるような知識を得ることもなさそうなので、今は見ないほうがいいかな、と。

逆に演出なんかの参考にもなるアニメやドラマなんかはテレビの時間を減らすようになっても見ています。
名作といわれる作品のビデオを借りてきて研究、とかではなく、単に自分が見たい番組の時間が来たら垂れ流しにする、ってだけなんで、演出の参考っつーのは大義名分かも。
はっちゃけた演出を見たら、「あ、こーいうのも面白いなあ。自分もやってみようかしら」なんて思ったりするから、少なくともスクリプト作業のモチベーションの維持にはなってるはずが(同じ演出ばかり続けていても、作っている側も飽きてくるのですよ)。
これらの番組は見ている間は作業に集中できないこともあるから一長一短ってところです。


さて、ドラマっつーても海外のドラマしか見ない人間なのですが、子供の頃に見ていた番組がスーパーチャンネルで再放送しているので、とても重宝しています。
なんせ、一度見たものなだけに、流し状態で見ていてもだいたいの話の流れがわかり、なおかつ作品の質も安定している。
こりゃええわ~、と喜び勇んで見ていたのですが、気付いたことが一つ。
「今の自分の好きなキャラの傾向はこれらを見ていた頃に形成されたんだなあ」
キッドもデータ少佐もクレイジーモンキーも、「基本的にはものすごく有能」「(自覚の有無に関わらず)言動が普通の人間と比べて浮いている」ってのが共通してありまして、それって蓮さんも同じだよなあ、と自分のツボを再確認してみたり。
前述したキャラは各自とても魅力的で、10年以上経て見てもなんら色褪せることなくて。
ああ、そりゃあ昔の自分が好きになるのも無理ないわ、と思ったりしました。

その後、同じように魅力的なキャラに出会うたびに自分の『嗜好の幅』ってのが広がっていくわけですが、その原点、「このキャラ」ではなく「この傾向のキャラ」が好き、と意識して作品を見るようになったのはこれらのキャラに出会ってからなんだよなあ。
今でもこの手のキャラに真っ先に目がいくのはこれが原因だったのかー。

なんてことを思いながら毎回楽しんで見ています。
「『懐かしく』見ています」じゃないところがミソ。
なんでこんな昔の作品なのに最近の作品よりも面白いんだ、ちくしょう。

2か月分の食料を買い込んで引きこもりの準備は万端です(FAM)

2008.07.15.Tue
1日で終わらせる予定だったシナリオ+スクリプトの作業を1週間かけてようやく終わらせることができました。
ん~、やはりシナリオが絡む作業はスクリプトと違って時間かけただけ作業が進むわけじゃないんで時間が読めないなあ。
今回は修正するたびに文章を加筆していって最初の想定より文字数がかなり多くなっちゃったからってのもありますが。



ところで、今回かららいかんすろうぷさんにスクリプトの作業も手伝ってもらうことにしました。
このままじゃシナリオ書く時間ない~と僕が泣き言を言ってお願いしたわけですが、おかげでスクリプト作業の時間がかなり短縮できそうです。
できればこの調子でシナリオ部分もらいかんすろうぷさんが書いてくれれば非常に楽なんですがー。
あ、ついでに立ち絵とCGと(以下略)

お気に入りだった動画が消されちゃっていたよわふー(>ω<)(FAM)

2008.07.09.Wed
春眠暁を覚えず。夏眠白日を覚えず。
夏の間は対外的な用事がない場合、体力温存のため暑い日中に寝ることが多かったのですが、夜に寝付いたのに起きたの夕方とかってのはさすがに想定外。
思わず起きる直前のうたた寝状態で考えていたアイデアを忘れてしまいましたよ。


そんなこんなで友から制作のろのろと進行中。
やれるところからやっていくかー、を合言葉に雑務を中心に順調にこなされていってます。
言い換えればシナリオは進んでないってことだけどね!

頭の中で右往左往(FAM)

2008.07.08.Tue
ちょっと今後のシナリオ構成を再考する必要が出てきたので、うにうにと構成どうすべか~とやっておりました。
有体にいえば2話分割くはずの話を尺の都合で1話分にまとめたってだけなんですが、変に『各話ごとに主人公(話し手)変える』なんていう書き方にしちゃったもんだから色々困ったことになるんですよねー。

「本来、『この辺りでこのキャラの心情を話させること前提に』、って風に考えていたシーンがあったんですが、その前提条件がなくなっちゃったのでどーしよ」、とか、「浮いた1話分の尺をこの辺りに放り込んで、ここの話を掘り下げるか。いやそうすると話し手の順番変えなきゃいかんし」みたいなことをぐるぐると考えてしまって時間だけが無駄に過ぎる、という。
や、時間の使いどころが違うのは重々承知の上なんですが、なんかこー、どうやっても納得いく構成に収まらなくて考えてしまうんですよ。同じ話でも話し手を変えたら全然違う見え方になっちゃうんで。

とりあえず構成を考えるのは後回し、未定部分と確定部分に分け、当面は確定部分の作業進める、ってことで決着したんですが、要はいいアイデア思いつかないから先延ばしにしたってだけだからなあ。
困ったなあ。
もうすぐ時間の余裕がなくなってくるだろうし、これ以上余計な宿題は抱えてらんないんだけど。

もしょもしょとシナリオ書いてます(FAM)

2008.07.05.Sat
がりがりと書いてます! と言えないのがつらいところ。
しばらくは対外的な用事がないので、その間にペースを上げれりゃあいいんですが。

どうも文章書くそばからスクリプトをつけたくなってしまいます。
背景の指定なんかは昔からしてたんですが、音楽や効果音、ウェイトの指定なんかを入れるのは明らかにシナリオ執筆の範囲を逸脱しているはず。
後でスクリプトつけるときに「ここどうするんだっけー?」と苦労するよりは、現在頭の中で見えているものを置いていったほうが効率いいのは確かなんですが、これって多分書く作業に集中できてないだけなんだよなあ。


集中力足らん、の一言で終わらせてしまいそうなこの場面。
でもちょっと待ってほしい。
以前丸一日かかっていた作業をシナリオ書きながらしている、ということは、シナリオ書きが同じ時間で済めば前より一日分作業が早くなっていると解釈できなくもない。
そう考えりゃあ、少なくともスクリプト周りに関しては経験も積んで作業の簡略化にも成功しているので、1話あたりに必要な作業時間はシナリオに手間取らなきゃ随分早くなっているはず!

よし! シナリオさえがんばれば楽勝で友から完成させれるような気になってきた!
・・・そのシナリオがうまくいかないから問題なんですけどね。