fc2ブログ

つくりたいものたくさん(FAM)

2009.05.27.Wed
故あってHSPを覚える必要がでてきて、最近仕事の合間にへろへろと調べたり、ぺちぺちと打ち込んだりしています。
優先順位の関係から当面の自分のために使える時間の使い道はこれになりそうなんですが、それ以外にもいくつも作りたいものがあります。
ペンぷろった~も早く正式版として最低限の状態まで仕上げたいし、複数の画像を一度に簡易加工できるツールもペンぷろの立ち絵要素を使ってもらう都合上用意したいし、友からもちゃんと最後まで作りたい・・・

時間ややる気が足りないわけではないんです。
時間を作れてないわけじゃないんですよ。確保した時間をうまく活用しきれないんですね。
うまいこと割り切る部分を割り切って作業できていればもっといろいろ作れていたんでしょうけど。
スポンサーサイト



でも自分に必要な機能なら血反吐はいてでもがんばる(FAM)

2009.05.22.Fri
その結果無駄に遅れるわけですがー。


地味なところで、ファイル名等指定するときに第二候補も指定できるように。
どういう機能かといいますと、第一候補のファイルがない時に代替画像を表示できるというものです。
本来のゲームで使うファイルだけだとところどころ抜けが生じる場合などで活用できると思います。

今回のサンプルの由宇の漫符の要素のように必要な部分が完全に分離できる場合(顔の部分と漫符の部分が離れている)は最初から要素ごとに必要部分の代替画像を用意して表示させるのも手です。
しかし、それだと組み合わせる際に修正をしている場合や特定の組み合わせの時は別の画像に変えている場合は実際の画像と違ってきてしまいます。
がんばれば全部の組み合わせについて個別指定できなくもないですが、それは面倒。
自分がペンぷろ使う時にも関わってくる部分なので仕方ないかーってことで、第一候補の画像が存在しない場合は自動的に第二候補の画像を選択するようにしました。
これでゲーム用の画像があればゲーム用の画像、なくても代替画像は表示できるようになりました。
まあ、必要あるかはわかりませんが、第三候補、第四候補・・・も指定できるようになると思います。

元が自分で使うために作ったツールなので、自分が使わない部分で苦労するのは少し二の足を踏む(FAM)

2009.05.18.Mon
ld命令使っている時でも普通の立ち絵みたいにマウスでぐりぐりと位置の変更をできるようにしたほうがいいのかねー。

やー、手間自体はそんなにかからないだろうと思われるかもしれませんが、このとき問題になってくるのはld命令って地面のy座標は共通してるってことなのさー。
んで、1つの立ち絵を動かしてy座標も変わったら他の立ち絵のy座標も同期して動かした方が良いかな~って思ったんだけど、立ち絵要素と併用していたら何個もスプライトを移動させなきゃならんのよね。
該当立ち絵はx座標とy座標を。他の立ち絵はy座標だけを。
できないとはいわないけど面倒くさい。
明らかに優先順位が低いであろう案件なので正式版が完成して手が空いてから対応させていこう。



なでしことluaとの連携はすぐにはできないかもだけど、将来的にはなんとかしたいなあ。
データの管理をすべてなでしこ側にまかせることができれば、反映ウインドウに画像ファイルをドロップして未登録のものでもすぐにテストできるようになったりとか、文字列スプライトをなでしこで管理して手軽に反映だとか、とにかく小回りが効くようになる。
現状でも上記の事はできないわけでもないけど、Nスクでも管理することを前提にした今のやりかただと明らかに面倒なことになるんだよね。

こちらはしばらく様子見で。公式側でなんらかの動きがなさそうなら無理矢理実現する方向でがんばってみます。

キー送信はできないみたいだけど(FAM)

2009.05.16.Sat
Nスク側の処理がいろいろできるよう、Luaについて調べてみたところ、なでしこの作者さんがLuaについての記事を連載してました。
これはなでしことLuaが連携できるようになるフラグなんだろーか?
それならそれで実質Nスクとなでしこの間で直接データをやりとりできるようになるからすごく便利なんだけど。

ようやく更新・・・(FAM)

2009.05.14.Thu
仕事もさしせまってるのでちょこっとだけ。
しばらくネット自粛して作業とかしてた間にNスクがいろいろ進化してたー。

Nスクから直接なでしこにキー送信できるようになればいいんだけど。
つか、キー送信用のプログラムが原因と思われるエラーがメモリ少なくなると頻発してきたので、なんとかしたいところです。
ともあれ、これでようやく人並みな生活ができますわ。

運が悪かったらしい(FAM)

2009.05.14.Thu
ので更新は午前中になりそう(起きていられたら)。
いつものように予定外のエラーが出て最後までできませんでしたよ。
夜明けまでに上がれば「夜でした!」と言い張るつもりでしたが、いまから説明を書くので無理っす。
つか、もう日が出てるし。

まれには延期しておいていいことも(FAM)

2009.05.13.Wed
立ち絵を各要素に区切って選択できるようにすることの欠点の一つは、プレビューを表示する際に複数の画像を合成してから大きさの調整をするので、性能の劣るパソコンで使うとプレビューの表示にえらく時間がかかることでした。
自分自身性能の劣るパソコンを使っているだけに他の人に「遅いと思ったらパソコンのスペック上げてね~」なんて言いたくないし、そもそも自分自身が使う時に不便だな~と長いこと悩んでいました。
古いノパソで試した時などは編集する要素を切り替えるたびに何秒もかかることもあり、苦労して作ったけど使ってもらうのは難しいかな、と半ばあきらめかけだったのですが、ふとさっき「画像加工に時間がかかってるのなら加工済み画像のキャッシュ作っておけばいいじゃん」ということに気付きました。

実装してみると動作はうまくいったものの、立ち絵の組み合わせの数だけキャッシュが必要になるのでそれなりに容量を食うかもしれず、好きなほうを使えるようオプション選択制にしました。
なんのせ元の仕様よりは使いやすくなったはずです。


残りの調整箇所は3箇所くらいになったので運がよければ今日の夜に更新できます。
早く更新してしまって楽になりたいです・・・・。

ある意味退化?(FAM)

2009.05.08.Fri
ペンぷろった~には複数のスプライトを使って1つの立ち絵を表現する機能とld命令を(いろいろと融通が効くように)複数のスプライトで表現する機能があります(前者の方は今回つけます)。
個々の実装はともかく、2つ合わせたときのスプライトの管理がえらく大変です。特に立ち絵の順序を入れ替えようとしようとした日にゃあチェックがめんどいことこの上なし。
一応、形としてプログラムは書いてあるので動くかも知れませんが、今回デバッグする時間がないのでld関係の動作はすべて未保障です。
同様に、スクリプトから取得する機能は反映させるレイヤー、X座標、Y座標も取得できるようにいじりましたが、前述した複数のスプライトを使って1つの立ち絵を表現する機能との兼ね合いで仕様が変わった上でやはりデバッグの時間が足りないので未保障です。
過渡期だからしょうがないとはいえ、前回の更新からえらく間が開いた上で中途半端なものをリリースすることになりそうです。